ボニーラッシュの成分は何が入っているの? 副作用が気になる方へ

まつ毛美容液の成分

ボニーラッシュには、医薬品の成分はなく、まつ毛や目元に優しい成分が入っております。ココではボニーラッシュの成分や副作用があるのか?気になる方にそれぞれ詳しく説明していきますので、購入前に悩んでいる方は参考にされて下さいね。

 

ボニーラッシュの成分には、まつ毛の悩みに応えるものがたっぷり。

短いまつ毛を長くしたい、太くしっかりしたまつ毛になりたい。傷んだまつ毛を元通りにしたいなどまつ毛に関する悩みは様々ですが、ボニーラッシュはそんな悩みに応えてくれる様々な成分を廃校しています。その中で特徴的な成分を紹介していきます。

ボニーラッシュには高濃度に配合された3つの成分

ワイルドラッシュ、リデンシル、キャピキシルという3つの成分が、ボニーラッシュに高濃度配合されています。

①ワイルドラッシュ
ビタミン化したペプチドを配合した成分で、強いまつ毛を維持させる目的を持って傷んだまつ毛にハリ・コシ・艶をサポートをします。

 

②リデンシル
セイヨウアカマツ球果エキスやチャ葉エキスといった天然由来成分で構成されていて、頭皮の育毛剤にも使われていて、短いまつ毛にもハリ・コシを与える成分。

 

③キャピキシル
頭髪の育毛剤にも含まれていて植物のアカツメクサ花エキスと細胞修復能力があるアセチルテトラペプチド-3の成分です。アカツメクサ花にはイソフラボンが含まれ、それが脱毛の予防として注目されていて、まつ毛に潤いを補給することでハリコシを与えます。

 

4つの美容成分を配合しています。

①お肌のハリや弾力を導く
ネオダーミルは、エネルギー分子 メチルグルコシド6リン酸(MG6P)が主な成分で、細胞に与えることでⅢ型コラーゲンに働きかけることでお肌のハリや弾力を導くものです。

 

②まつ毛保湿サポートする成分を配合
オリゴペプチド-41、オリゴペプチド-20、オクタペチド-2、オタネニンジン根エキス

②ハリやコシを与える成分
ヤングオレンジエキス、プレクラン

③デリケートな目元をケアする成分
アーモンドエキス、オーガニック成分

 

ボニーラッシュを使うと、副作用があるの?

ボニーラッシュには天然成分を主原料に作られておりますので副作用による心配を気にする方にも安心して使えるようになっています。安全に使えるようにパッチテスト、顔面皮膚刺激試験、RIPT試験などを実施しております。

しかし全ての方に妊娠、出産などによる体質の変化やお薬を服用している方は、ホルモンバランスが崩れやすく肌も敏感になる場合もあります。そういう時に使った場合、違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。その時は使用は中止して公式サイトよりチャットでお問い合わせすることができますので、そちらをご利用ください。

 

詳しい原材料名が知りたい方は、原材料名一覧を掲載しますのでコチラから確認されて下さい。

原材料名
水、BG、ペンチレングリコール、グリコシルトレハロース、グリセリン、加水分解水添デンプン、ウンシュウミカン果皮エキス、パラクロレラケスレリ細胞外多糖体 、セイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、ビオチノイルトリペプチド-1、パンテノール、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、アカツメクサ花エキス、アセチルテトラペプチド-3、オタネニンジン根エキス、オクタペプチド-2、オリゴペプチド-41、オリゴペプチド-20、メチルグルコシドリン酸、(リシン/プロリン)銅、アーモンドエキス、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、タチジャコウソウ花/葉/茎エキス、セージ葉エキス、デキストラン、グリシン、ピロ亜硫酸Na、塩化亜鉛、キサンタンガム、クエン酸、クエン酸Na

 

ボニーラッシュの成分や副作用が気になる方に、このページでは関連する情報を紹介しました。お得な値段で購入できる方法について知りたい方は、コチラで詳しく掲載していますので、そちらからチェックしてくださいね。

>>ボニーラッシュの効果と評判を知りたいあなたへ。ココで詳しく体験談を紹介<<